子宮頸がんワクチンの理解を正しく
2018.12.31
平成30年も今日で終わりです。
この1年をかけて、取り組んだ一つはおたふくワクチンの啓発です。
多くの保護者の方に理解をいただき、おたふくワクチンの接種人数は徐々にではありますが、増える傾向にあります。

もう一つは子宮頸がんワクチンの再度の接種勧奨です。
この問題はマスコミの取り上げ方が衝撃だったのか、なかなか感情を変えることをできないでいる方が多いと思います。今年ノーベル医学賞を受賞した本庶先生は、そのスピーチのたびに日本での子宮頸がんワクチンの低迷を嘆き再考するように訴えてきましたが、それを報道するマスコミは皆無でした。
日本では、京都新聞が伝えましたが、北海道新聞をはじめ主要大手新聞社は和服がどうだとか、メダルの重さはどうかなど、スピーチとは関係のない話をわざと報道しているようです。

日本人でこの問題に立ち向かいSNS等で情報発信をしているのは、医師でジャーナリストでもある村中璃子さんです。村中さんは昨年ジョン・マドックス賞を受賞されました。

この賞は世界的に有名な「ネイチャー」という医学雑誌の元編集長が中心となって作った賞で、公共の利益のために、敵意や障害に立ち向かって健全な科学とエビデンスを広めた方に送られます。

村中さんが受賞された時のスピーチが以下のリンクにあります。

是非お読みになり、あなたの大切なお嬢さんが子供を産み育てる一助として行動を起こしてください。

https://note.mu/rikomuranaka/n/n64eb122ac396
2018.12.31 08:53 | 固定リンク | 診療日誌
無事15年が終わりました。
2018.11.01
11月1日は当院の開院記念日です。
平成15年に開業ですから、丸15年が終了し、今日から16年目に入ります。
この15年で北斗市の出生数は500名から300名となり、受診数は右肩下がりですが、ワクチンの数は大変多くなり、子どもに関しては予防医学が定着した感じです。

でもいまだに、感染性のある病気はかかったほうが免疫が長く続くという誤解が多くの人(特に年配の人)に多く残っています。そのため、若いお母さんやお父さんでも、痛くて泣くワクチンはしないでもいいのではと思われる方もいらっしゃいます。

今、東京方面では風疹の流行が顕著です。流行の一翼を担っているのは、ワクチンをしていない世代と、ワクチンを勧奨されたにもかかわらず、ワクチンをしなかった人たちです。その中で、妊娠中のお母さんは自分が風疹にならないか、子どもに先天性風疹症候群(白内障、難聴、心臓病が出ます)が出ないかを心配しなければなりません。

5年前にも同様な風疹の流行があり、40名近くの先天性風疹症候群が報告されています。

北海道においては風疹の流行は報告されていませんが、始まればあっという間に広がることが予想されます。

今からでも遅くはありません。自費にはなりますが、必要なワクチンを受けていない方は早急にワクチンをしましょう。
それは、自分だけでなく、まだ見ぬわが子を救う糧になります。
2018.11.01 10:30 | 固定リンク | 診療日誌
インフルエンザ流行の兆し
2018.10.22
栗山町から、インフルエンザが集団発生したとの報告があります。

皆様ご注意ください。
2018.10.22 10:34 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -